映画「鬼滅の刃」の映画館の様子や雰囲気・お客さんの反応は?

2020年10月16日に公開された人気アニメである「鬼滅の刃-無限列車編-」を観てきたので、映画館の雰囲気や周りの人の反応をご紹介します!

 

また、鬼滅の刃を観るにあたりおすすめな座席の位置もご紹介します。

スポンサーリンク

映画館の様子・雰囲気

映画

人が多い

公開から2日目に行きましたが、予約をするところからほとんど満席でした。

もちろん、映画が始まった時には空席は無かったのではないかと思います。

 

また、席は1席空けてあるわけではなく、両隣とも人が座っていました。

お客さんが多いので仕方ないかもしれませんが、個人的には少し気になる部分でした。

 

客層

客層はやはり家族連れが圧倒的に多かったです。

これは映画を観たのが休日だったことも関係していると思います。

いいシーンで人影がチラチラと動き、ドアの閉まる音がしたりと全体的に落ち着きがあまりない印象でした。

 

次に多いと思ったのがカップルです。

私は1人で行ったのですが、少しだけ肩身が狭い想いをしました汗

しかし、お1人なのかな〜?と思われるような人たちも何人かいましたよ!

 

「早く観たいけど一緒に観る人がいない」

「1人だと勇気が出ないな」

このように思っていた人は勇気を出して映画館へ行ってみましょう!

平日の夜の方が落ち着いていて、1人の人も多いと思いますよ。

 

映画を観ている人の反応

映画を楽しんでる

映画

「鬼滅の刃」のアニメは映像が綺麗なことで有名ですが、映画でも風景や技の映像がとても綺麗で観ている人が映画の中に引きずり込まれるような、のめり込める映画でした。

 

かっこいいだけでなく、感動できる映画となっているため、最後の方では私もうるっときてしまいましたし、大泣きしているお子さんもいました笑

 

映画をそれぞれのご家庭で楽しんでいるようでした。

マナーが悪い

しかし、気になったことがあります。それはマナーが悪いこと。

私の隣の席の人たちですが2人で観にきており、1人は親、もう1人はお子さんのようでした。

 

映画が始まったあたりでこしょこしょと話し始め、嫌な予感がしました。

親御さんは静かに聞いており、問題なかったのですがお子さんが喋る喋る笑

映画

特に映画の音が大きくなる(戦闘シーンなどの良い場面)と少し声を張ったくらいの音量で話してました^^;

内心まじか…と感じつつも声を掛けるまでは勇気が出ず、気が散りまくりながらの映画鑑賞となりました笑

 

他にも足を組んだり、何度も体を前のめりにしたり(急に視界に入るので気が散ります)など「ここはあの子の家なのだろうか」と感じましたね汗

 

早く観たかったので、子供が多いだろうと覚悟はしてたんですけどやっぱり嫌ですね。お金を払ってるわけですから。

私はもう少し、世間が落ち着いたら観に行こう思います。

 

また、久しぶりに映画を観に行くという人もいると思います。

映画館は公共の場なので、周りへの配慮は忘れないようにしましょう!

 

おすすめの座席の位置

映画

鬼滅の刃は音と映像の迫力が魅力です。

なので、引いてみるよりも視界にスクリーンがちょうど入るくらいが1番迫力を感じて満足できると思います。

 

一般的に映画館の良い席は「真ん中よりも少し後ろ」ですが、個人的には「真ん中、もしくは少し前」くらいが首もそこまで痛くならないのでおすすめです。

私はちょうど真ん中の位置に座りましたが、首は痛くならなかったですよ。

 

最後にポイントと注意点

映画

気が散るのが嫌だという方は平日の夜が人が少なくておすすめです。

休日は親子で観にくる人が多いので避けた方が良いかと思います。

 

座席は迫力を感じられる真ん中か少し前くらいがおすすめ。

真ん中なら首は痛くなりづらいです。

 

お1人様でも同じく1人で映画を観にくる人はいるので、少しだけ勇気を出して映画館に行ってみましょう!

映画が始まるまでは気になるかもしれませんが、始まってしまえば気になりません。

 

映画館は公共の場です。

周りへの配慮は忘れずに、マナーを守って楽しく映画を鑑賞しましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました